スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」龍馬暗殺犯役が人気!? いよいよラスト第4部突入へ



福山雅治(41)主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」が、
9月26日の放送から第4部「RYOMA THE HOPE」
に突入しますね。

いよいよ龍馬が暗殺される場面へと
近づいてきているわけですね。



龍馬暗殺については、
同番組の鈴木圭チーフプロデューサーは、
反幕府勢力を取り締まった「京都見廻組」
の佐々木只三郎、今井信郎らが実行犯という
定説を採用するとのこと。

そのいい、佐々木只三郎、今井信郎らの
暗殺実行犯の配役には、自薦他薦問わず、
『オレに福山龍馬を切らせろ』
という人が沢山いるのだとか。

思わぬ人気ぶり?に驚いているそうです。

日本人が知らなかった歴史の黒幕

暗殺実行犯の背後にいる黒幕については、
今現在でもさまざまな説が取りざたされていますが、
大河ドラマでどんな“仮説”を
描いてくれるのかにも注目ですね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100920-00000002-mantan-ent
スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ゲゲゲの女房』視聴率が歴代3位になった理由?



松下奈緒(25)主演の
NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が、
平均視聴率が18.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)
を記録しました。



歴代最低を記録した初回の14.8%から、
右肩上がりに上昇。

2004年以降に同枠の平均視聴率が
20%を割り始めてしまった以降では、
19.4%を記録した宮崎あおい主演の「純情きらり」(06年)、
比嘉愛未主演の「どんど晴れ」(07年)に続き
堂々の歴代3位となっています。

この好調の理由を松下奈緒は
「全体的にシンプルで日常的で、
 いろんなキャラクターが出てくる中、
 自然に誰もが『ああ、それわかるな』という
 気持ちになる、そういう描き方をされている。
 その部分が多くの方に見てもらえた理由では」
とコメント。

向井理は
「台本がよくて、原作が実際にいる人物(の話)なので
 ストーリーの持つ説得力が違う。
 貧乏時代が長かったですが、
 水木しげるという人をみなさんが知っているから、
 成功する話があるから安心して見られたのかも
 しれないし、行く末を知っているから、
 どん底の生活でも応援できるのかも」
とコメントしています。

「ゲゲゲの女房」放映記念に作られた新食感ゲゲゲのつれそひ餅もなか

貧乏だけれど堅実に生きてきてる姿とか、
漫画という一つのことに必死に打ち込む姿とか、
夫を支えつつも明るい姿とか、
昭和の懐かしい雰囲気とか
そういうところが好調な理由ではないのでしょうか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100905-00000003-mantan-ent

テーマ : ゲゲゲの女房 主題歌 あらすじ 視聴率 松下奈緒 いきものがかり
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。