スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48 「穴あきだらけ公演」で彼女達が学んだもの



日本では、チケットは即完売、席が空くなんて
考えられない勢いのAKB48ですが、



アニメ博覧会「アニメ・エキスポ2010」に
招待されて行ったロサンゼルスでの海外公演は、
7000人収容のところ、埋まった席は約3000人…。

ライブ最後の曲「ひこうき雲」では、
ステージの一番端に駆け上がった大島優子(21)は
懸命にタオルを振り、盛り上げようと必死にアピール。

“いつか(空席を)埋めたい”

「こういう気持ちにさせられたのは久しぶり
 だったので、うれしかったですね。
 (自分たちは)まだまだだなあと。
 かなり刺激になりました」

厳しい現実を目の当たりにし、
彼女たちが思い出したのは、
2005年12月の初公演で観客7人だったこと。

きっと、いつか、やれる

ともすれば天狗になりかねない彼女たちに、
改めて考える機会が与えられる格好になったようです。

高橋みなみ(19)は
「悔しい時を知っているからこそ、
 (空席を)埋めたいという気持ちはありました」

前田敦子(18)は
「言葉の壁は大きいなと思う。
 もっと語学を。まず言葉です」。

センターに立つ大島優子は
「みんな集中力が足りないと思う。
 日頃から鍛えていかないといけない」

秋元才加(21)は
「今日はシアター(AKB48劇場)での
 初期の頃を思い出した。これからは
 『海外でも会いに行けるアイドル』に
 なれるよう、頑張っていきたい」

もっと大きく伸びる彼女たちに
これから会えるかもしれませんね。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100703-00000084-sph-ent
関連記事

テーマ : AKB48(秋葉原48)
ジャンル : アイドル・芸能

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。