スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せかけの長寿大国ニッポンの悲しいお年寄り行方不明問題



長寿大国だったはずの日本で、
100歳以上のお年寄りの行方不明者が
続出中ですね…。

東京都足立区で、生きていれば111歳となるはずの
加藤宗現さんのミイラ化遺体が発見されて以降、
全国各地で“名ばかり高齢者”が次々と発見されています。

個人情報保護法のこともあって、
所在把握が大変なことはわかるのですが、

一度、所在確認しに行ったけれども
確認取れずにそれっきり何年も調査なしなどの
ひどい例もあったり。

逆に、30年も40年も連絡取れていないとか
出て行ったきり帰ってきていないとかでも
捜索願すら出ていないケースも。

それで、しっかり年金などは請求されていたりするわけです。

直接手を下した訳ではないにしろ、
育児放棄とも繋がるものがあるのではないでしょうか。

100歳をご機嫌で生きる力


宮城県「100歳以上」673人全員の所在確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100807-00000011-yom-soci

されたりしてはいますが、
全国で100歳以上どころか70歳以上とかにしても、
かなりの行方不明者が出るのではないかと思えます。

平均寿命など計算し直したら、
かなり下がってしまったりする感じがします。

一体、いつからこの国はこんなにも
他人どころか身内すら無関心ともいえる
悲しい状態になってしまったんでしょうね…。

世界で一番いのちの短い国

関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。