スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植法改正後3例目の家族の承諾のみで臓器提供



家族の承諾だけで臓器提供できるとした
臓器移植法の改正法が全面施行されて以来、
3例目の脳死判定が行わたようです。

脳死判定基準

1997年の臓器移植法施行以来では
90例目だそうです。

東海地方の病院に入院していた
50代の女性だとのこと。

本人の意思を確認できる書面は無かったので、
家族が臓器提供を承諾したのですね。

脳死判定って、家族の気持ちとしては、
まだ心臓は動いていて体は温かいわけですから
脳が死んでしまっているといっても
なかなかそう簡単に受け止めづらいと思います。

死者の鼓動

自分自身の事なら、
どうぞ臓器使って下さいと言えますが…。

でも、それで誰かの体の中で生き続けるのなら。
誰かがそれで助かってくれるのなら…。

脳死判定された方のご冥福をお祈りします。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100822-00000279-yom-soci
関連記事

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。