スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ感染隠して性交渉した歌手、故意かそれとも…



ドイツで人気歌手が、HIV(エイズ)に感染していながら
それを隠して複数の男性と避妊具をつけずに性交渉、
うち1人が感染してしまったようです。

性感染症/HIV感染

その歌手はナジャ・ベナイサ(28)。
感染男性に重大な身体的障害を与えたほか、
他の2人の男性においても同様の危険に
さらしたとして起訴、初公判が行われました。

「決して相手に感染させようと
 意図したことではありません」
と公判中に涙を流して謝罪したようですが、
性交渉が合意の上ならば、避妊具を付ける
余裕はあったのではないかと思います。

涙の理由

また、ベナイサが14歳からコカイン中毒だったことと、
妊娠した16歳のときにHIV陽性と分かったことが
明るみになったようです。

感染したときは不幸だと感じたかもしれませんが、
だからといって自分も他の人に感染させてもいいと
いう事にはならないですよね。

関連記事

テーマ : 性犯罪・わいせつ事件
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。