スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾学被告の初公判は傍聴券の倍率約25倍



押尾学被告(32)が、
保護責任者遺棄致死罪などに問われた
芸能人初の裁判員裁判による初公判が行われました。

多くの報道陣が詰めかける中、
朝早くから傍聴希望者も1554人が詰めかけ、
倍率約25倍で61人が傍聴券を手にしました。

押尾被告が拘置所で記した“獄中ノート”が
先日雑誌で公開されていますが、
そこには「死に物狂いで無罪を取る」と記されていました。

隠された証言

今回の争点は、一緒にMDMAを飲んだとされる
飲食店従業員女性(30)の容体が急変したのを
認識していて適切な処置を怠ったために
死亡させてしまったかどうか。

裁判員の中に、もしもファンがいたら
彼に有利に働くのではないかとか、
有名人の裁判なだけに難しい面もあるようですが、
冷静で公平な審議・判定をして欲しいと思います。

知られざる真実


関連記事

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。