スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い番組の司会で復帰の船越英一郎がかかった末梢性顔面神経マヒって…



“2時間ドラマの帝王”として有名な船越英一郎(50)が、
「末梢(まっしょう)性顔面神経マヒ」にかかって
自宅療養していたのですが、無事復帰するみたいです。

2時間ドラマ大事典

10月15日スタートの、
フジの占いバラエティー番組の司会だそう。

驚異的な的中率や鑑定力を持っている
「奇跡の占い師」軍団が登場して、
いろいろ場所に押しかけ?人生相談に乗ったり
解決したり未来を助言したりする内容のようです。

船越英一郎が司会だと、
2時間ドラマのイメージが強いので、
サスペンスを期待しそうですw


松田聖子と共演もありましたね


末梢性顔面神経マヒは10万人に20人の割合で
かかる病気で、神経内科の病気としては
人数が多いほうらしいです。

発症すると、顔の左右どちらかの筋肉が
動かなくなってしまい、唇がうまく開かない、
味を感じなくなったり、まばたきができなくなったり、
聴力が落ちるなどの症状が出るようです。

口から食べ物をこぼしてしまうことや、
『ぱぴぷぺぽ』をうまく発音できなくなったり、
目が半開きのため角膜障害を起こす人もいるとか…。

顔面神経麻痺のリハビリテーション

原因ははっきりわかっていませんが、
強いストレスを受けるとかかることがあるようです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100904-00000004-mantan-ent
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。