スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松政夫が「月収100万円」を捨てて「植木等の付き人」になった理由



「ハナ肇とクレージーキャッツ」が、
今年で結成55周年の記念だそうです。

東京浅草の中映劇場で、それを記念して
クレージーキャッツの関連映画3本が
上映されるイベントがありました。



その会場には、かつて植木等さんの付き人を
していた小松政夫(68)が駆けつけて、
感動や爆笑のエピソードを語りました。

なんでも、小松政夫が俳優になる夢を
かなえようと上京し、チャンスを伺いながら
自動車のセールスマンとして働いていたとき、

雑誌の公募広告を見つけて応募し、
600人の応募の中から、見事に植木等の
付き人に採用されたんだとか。

そのとき、実は営業成績がトップクラスで、
月収は現在の100万円にあたる金額だったそう。

それでも夢をあきらめきれなかったので、
その月収を捨てて、植木等の付き人兼運転手から
タレントとしてデビューし、夢をつかんだというわけ。

夢をつかむ法則

夢の方が現実の月収より
勝ったということでしょう。

しかし、その後タレントとして成功し、
選択は間違っていなかったと言えますね。

幸せな宝地図であなたの夢がかなう


クレイジーキャッツは55周年ですが、
つい最近、谷啓さんが亡くなってしまい、
1993年にハナ肇さん、1994年石橋エータローさん、
1996年安田伸さん、2007年植木等さんと、
新旧メンバー7人の内5人がもう亡くなったことに。

ちょっと寂しいですね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100919-00000005-flix-movi
関連記事

テーマ : 芸能ネタ
ジャンル : アイドル・芸能

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。