スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親分の骨を拾えなかった大沢あかねの“確執”



大沢親分こと大沢啓二氏(享年78)が亡くなり、
孫の大沢あかね(25)に注目が集まっています。

というのも、大沢あかねは、親分が
40年以上も前に離婚した元妻との間に
生まれた娘の子供で、大沢姓も芸名なのです。

彼女について

親分の身内からすれば遠い存在であり、
通夜では親族席にも座れませんでした。

未亡人となった親分の今の奥さんは、
あかねに対しては“大沢の名前を利用している”と、
いい感情を持っていないのです。
大沢あかねは親分の実の孫には違いないのですが…

理由

お葬式では、大沢あかねは夫の劇団ひとりと
連れ立ち、一般の参列者の焼香が終わった後に
こっそりと焼香に訪れたようです。

親分は孫のあかねを目に入れても痛くないほどに
可愛がっていましたが、彼女は親分の骨を
拾うことはできなかったようです。

入院中にあかねの妊娠を聞いて、とても喜んだ大沢親分。
病室でもひ孫の誕生を今か今かと楽しみにして、
目黒区の自宅にはひ孫のために、ピンク色の
幼児用バギーも置いてあったようです。

オトナの事情で、おじいさんとの最期のお別れは
叶いませんでしたが、ひ孫を見せることも出来、
大沢親分に思いは十分に伝わったのではないでしょうか…。

大沢親分のちまちま言うな上司!


関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。