スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカルが英語のベスト盤「Utada the best」を“不買運動”の理由



宇多田ヒカル(27)が、ユニバーサル・ジャパンから
11月24日に発売される Utada 名義の
英語版ベスト盤について、自ら“不買運動”を
展開していました。

その理由を、メッセージサイトと、Twitterで語りました。



「Utada the best」は、彼女の意志とは
無関係のリリースであり、新しい素材も入っていないし、
心のこもっていない『商品』だからのようです。

一方、同じ日に、EMIから発売される
ベスト盤「シングル・コレクションvol2」は、
ちゃんと心のこもった力作のベスト版のようです。

「私を応援してくれるファンからしたら複雑な部分もあるよね。
 収録曲を見た上で買いたい人には買うなとは言わないよ。
 あとはみんなに任せます。アーティストとして
 黙って泣き寝入りはしたくなかっただけ!」

「レコード会社がベストを出すことに反対してる
 わけじゃないです。ただ今回は、ちょっと非常識な、
 失礼なやり方なのでは?というのが問題なんです」
と、説明しています。

気になる部分

宇多田ヒカルは、UniversalがEMIのアルバムと
同じ発売日にわざわざしてきたことが、
レコード業界から見ても
非常識で失礼なやり方だと訴えています。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101027-00000013-rbb-ent
関連記事

テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。