スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老蔵の代役で人気! 愛称「ラブリン」片岡愛之助の素顔

京都・南座の歌舞伎公演で、無期限謹慎の市川海老蔵(33)の
代役を務めた片岡愛之助(38)の人気が急上昇しましたね。

吉例顔見世興行で「外郎売(ういろううり)」を
海老蔵の代わりに務めているわけですが、
市川宗家のお家芸をたった3日間の稽古でマスターしたのだとか。

ファンには「愛」の字を取って「ラブリン」と呼ばれていて、
上方歌舞伎ではすでに人気者だったのですが、
一気に全国区になりました。

愛之助は大阪府堺市出身で、
実家は歌舞伎とは縁もゆかりもない
船のスクリュー工場を営んでいたそう。

5歳から子役として芝居を始め、
素質が評価されて9歳で
13代目片岡仁左衛門(人間国宝)の部屋子になったのです。

梨園といえば“世襲制度”しかないとイメージがありますが、
やはり世襲が基本で、外部から来た役者が
名をなそうとするのは極めて難しいようです。

しかし、“丁稚奉公”の末、19歳で仁左衛門の息子、
片岡秀太郎(69)の養子に迎えられて、
6代目片岡愛之助を襲名しました。

努力と才能の持ち主だったわけですね。

関連記事

テーマ : 気になる芸能人
ジャンル : アイドル・芸能

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。