スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災義援金の1次配分「35万円」

日本赤十字社と中央共同募金会に、
全国からに寄せられた義援金は、計約1300億円。

この分配について、有識者委員会が厚生労働省で開かれ、
死者・行方不明者の遺族や家族、
全半壊・全半焼の住宅被害者、福島第1原発事故による避難者を、
第1次配分の対象とすることが決まりました。

義援金は、早ければ4月中に市町村を通じ
被災者の手元に渡る見通しとなっています。

「当面の生活支援のため一刻も早く義援金を配るべきだ」
との意見で一致したようです。

ただ、震災の影響で行政機能がストップした地域では
混乱する可能性もあるため、被災状況の調査に
時間を要しない人たちに絞って、被害の全容判明を
待たずに配分することとなりました。

対象の地域は15都道県で、死亡・行方不明者1人につき
35万円を遺族や家族に配るようです。
遺族の定義は2親等以内とする方針です。

住宅被害は全壊・全焼が1戸当たり35万円、半壊・半焼が18万円。

原発事故で避難指示や屋内退避指示を受けた住民も
「原発事故は人災だが家に住めない状況は全壊と同じ」として、
1世帯当たり35万円としました。

外国人や旅行者も対象に加わり、
余震による被災者にも配分するようです。

金額が少ないような感じがしてしまいますが…
第1次配分ということなので、これで全額ではないわけですよね?

早急に義援金が被災者の手元に届く様にして欲しいものです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000104-jij-soci
関連記事

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。