スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線の影響は子供の方が受けやすい?

3月11日の東北地方太平洋沖地震により、
東京電力福島第一原子力発電所において、
大量の放射性物質の流出を伴う原子力事故が発生しました。

原子炉中の核燃料体が過熱して、融解してしまう
炉心溶融(ろしんようゆう)-メルトダウンという状態になっている
発電機もあるとみられ、放射能漏れがこれまで以上に
危惧される事態ともなっています。

子供を持つ親としては、子供の体への影響が気になるところですが…。

東京電力のHPにある「放射線コーナーQ&A」に
“子供の方が放射線の影響を受けやすいのですか?”
と言う項目がありましたのでご紹介します。
   
(以下、転載です)

放射線の影響を調査したさまざまな研究結果から、
子供は大人に比較して放射線による発がんに関する
感受性が高いことが知られています。

乳がん、甲状腺がん、白血病は放射線を受けた時の
年齢が低いほど発生率が高くなります。  
 
原爆により放射線を受けた方に関する調査では、
被爆時の年齢が10歳以下の場合、生涯にわたる
がんの確率は成人に比べて2~3倍高いといわれています。

http://www.tepco.co.jp/nuclear/hige/qa/thi/cqa/qa-c10-j.html


関連記事

テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
ご協力お願いします
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
後でじっくり読む
My Yahoo!に追加
Add to Google

ブログランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKブログランキング
人気ブログランキング

  • seo
Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
ローン返済額 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。